株式会社一心堂印房 神道裕のはんこ屋ブログ

創業68年愛知県岡崎市の印鑑屋、東海地区No.1!!実印からシャチハタまでハンコの事ならお任せください!!

*

『前からチタンが欲しかった』

   

今日も

支店のヘルプで店頭に入っておりました!

土曜日なので

朝からショッピングセンターには

沢山のお客さんが来店しておりましたが

なかなかウチにはお客さんが来ない。。。|д゚)

 

おっと

これは

「裕さんが入った時は売上が。。。」というヤバいやつの雰囲気が流れ始めた時に

救世主が!!!( ;∀;)

 

銀行印を買いに来てくれたお客様なのですが

「実は前からチタンが気になってたんです!」というのは

お父さんでもなく

お兄さんでもなく

 

なんと18歳の女の子!( ;∀;)

 

秋から東京へ引っ越して働くそうですが

お母さんと一緒に買いにきて頂いて

即決でチタンの銀行印を買っていってくださいました!!

 

チタンは保存性も高く

熱にも強く、錆びない

と三拍子揃った非常に質の高い印材です!

値段は決して安くはないですが

接客している中で聞こえてくるのは

「お母さんもちゃんとしたの持ってるもんね」

「お母さんのこれぐらいの太さじゃなかったっけ」

「お姉ちゃんは象牙だったじゃん」

 

聞いててなんか嬉しくなりました

18歳の女の子の中にしっかりしたハンコの価値観が出来てるんですね

きっと

「今日はアナタのはんこを買いに行くからね」

という話をしながら

事前にお母さんがどんなものを持っていて

お姉ちゃんにどんなものを持たせたのか

いろいろ話してきてくれたんだろうな

 

以前にもブログに書きましたが

ハンコの価値観なんてものは

学校では教えてくれません。

親の価値観が、家族の価値観が

子供のはんこの価値観になるのです。

 

日本で生きていくのに「はんこ」は絶対に必要なものです

100円の三文判でも

30000円のチタンでも

出来る事は一緒かもしれません

 

しかし

彼女が東京に出てから

これからの人生でこのハンコを押す度に

きっと大切な事を思い出してくれる気がするのです

 

改めて

ハンコが親子の絆になるものだって事を実感しました!

店頭で接客していると

この仕事の大切さを感じられます!

 

ありがとうございました!

 

明日は東印の技術講習会で

そのまま東京泊なのでブログが更新できないかも。。。

 

スマホで更新できるようにしなくては!!

 

Facebookやってる方はこのブログのトップページの『いいね!』ボタンをポチっとお願いしますっ!!

HPへGO→シャチハタ特急2日仕上げ 実印、銀行印もお任せ 昭和22年創業 信頼と実績の一心堂印房
神道裕のFacebook

神道裕のTwitter

 

 - 一心堂印房 , , ,